株式信用取引をしてはいけない理由

株式取引には信用取引というものがあります。
これは現金や株式現物を担保として、取引している証券会社から借金をして株式を購入する取引です。

証券会社によってばらつきはありますが、おおざっぱには持ち金の3倍程度の金額の株式が購入できるようになります。
持ち資金が少ない人にとっては同じお金でたくさん株式を購入することができるので良い制度のように思いますが、信用取引には大きなデメリットがあります。

まず、信用取引で購入する株式には現物取引よりもコストがかかることです。
現物取引では必要がない余計な手数料がいると考えていいでしょう。
たいしたことがなり金額ということもできますが、現物取引には必要のないコストです。
もちろん、儲かるときも大きいのは否定しませんが、損失も大きくなる可能性がありますし、値下がりをすると、担保のお金が足らなくなって自分の意志に反して売却をさせられる可能性もあります。

これらも現物取引では一切ないことです。